メインイメージ

下取りに出す時

「下取り」について知る


現代の世界では自動車が非常によく売買されるようになっています。
特に通勤などに自動車を利用しているというような場合には、自動車が無くなってしまうと日常生活を維持することも困難となってしまう場合があるでしょう。
自動車が壊れてしまい、廃車にせざるを得なくなったという場合には、これから新しい自動車を買おうとしているお店に「下取り」煮だすということがあります。

ですが廃車を下取りに出すというような場合であれば、損をしないためにも幾つかのポイントに注意をするべきでしょう。
まず最も注意しなくてはならないのが「価格が付かない」と言われたようなケースです。
自動車の機能が失われているために廃棄せざるを得ないというような自動車の場合は、確かに「自動車としての価値」が殆どないということは間違いないことでしょう。

しかしながら現代では例え廃車であろうとも、部品取り用としての価値や、鉄材としての価値が存在しています。

廃車買取会社などが経営していけるというのはこれが理由となっているのですが、下取りに出すとこういった価値が無くなってしまうということは非常に不自然なことです。

加えてその時々の条例や法律などによっては、自動車を廃車にすることで補助金などが発生するケースもあります。

もちろんそうした廃車に存在する価値や諸制度によって受け取れるお金などが廃車手続きに必要な費用と相殺されているというのであれば問題はありませんが、もし「全く価値がありません」と言われたのであれば、この点について確認をとる必要があるでしょう。

また同様に注意したいポイントとなるのが「リサイクル預託金」の存在です。

現在、自動車を購入するという場合にはかならず「リサイクル預託金」を自動車の名義を持つ人が支払う必要があります。自動車が廃車にされるというような場合であればリサイクル預託金はそのまま手続きの費用として使用されるのですが、もし販売会社に一度名義を変更するというような場合には、名義変更が行われる時点でリサイクル預託金を、新たな名義人となる人物、もしくは企業から受け取ることができるのです。

引き取ったあとで解体をするというような場合であればリサイクル預託金が返金されるということはありませんが、もし名義変更を行う必要があるといわれた場合には、リサイクル預託金の返金がされるかどうかの確認をとることが必要になります。
自動車は新たに購入するとある程度まとまった金額が必要になるものであるだけに、手放す最後まで損をすることなく活用するように心がけましょう。

Copyright© 2014廃車買取を失敗しない為に内容を把握して All Rights Reserved.