メインイメージ

「パーツ取り」の価値

廃車に見出される「パーツ取り」の価値とは。


日本で製造される自動車は世界各国で製造される自動車と比較すると、非常に性能が優れているとして知られています。

トヨタや日産といったような大手メーカーの自動車は世界各地でも非常に高い人気があり、盛んに輸出されるようになりました。しかしながらどれだけ高性能であったとしても、走行していれば部品は劣化していきますし、交通事故などが発生すると走行機能が失われてしまう場合もあります。

そうした「使用できなくなってしまった自動車」などは廃車として処分するほかないということになってしまいますが、現在では廃車を処分するというような場合であっても、様々な形で有効活用をすることが可能となっているのです。

では廃車に見出されるようになった活用方法とは何かというと、最も代表的なものとなるのが「パーツ取り」としての価値です。

ここでいうパーツ取りとは、廃車の中から故障していない部品を取り外し、整備などを施すことで再利用が出来る形にするということです。

かつてからこうしたパーツ取りは比較的よく行われることであり、特に外装部品などはレストア、つまり古くなった自動車を修理する目的で取り外し、使用されていました。

また廃車として買い取った自動車から部品を取りはずし、自社が在庫として抱えている自動車の修理に活用するということもよくあることでした。しかしながら最近の廃車におけるパーツ取りは、性質が大きく変わりつつあるのです。

その性質の変化として大きなものは何かというと、「リユース部品」というものです。

例えばエンジンのような大きな部品は、かつてまで廃車から取り外してまで再利用をする価値はないことがほとんどでした。しかし最近に製造されるエンジンは耐久性能が非常に優れたものとなっているため、取り外し、オーバーホールを施しさえすれば再利用することが可能となったのです。

通常、修理などでエンジンを積み替えるというような場合には、新たに新品のエンジンを購入しなくてはならないため、非常に高額の費用がかかることになっていました。

しかしすでに製造され、再整備を施したエンジンであれば、新品よりも遥かに安い形で流通させることが可能です。こうした「取り外したあとで整備がされ、修理などに活用できるようになった部品」がリユース部品です。

リユース部品のなかでも良質なものはメーカー純正の工場などでも使われるようになっており、一般消費者でも活用が出来るようになっています。

現代では環境保護の観点から、様々な点において「リサイクル」の動きが見られるようになっていますから、こうしたリユース部品を活用する動きが広まっているということは非常に良いことといえるでしょう。

自動車を廃車にするというような場合であれば、なるべくこうしたパーツ取りなどを盛んに行っている工場に依頼し、資源の再利用を出来るように心がけましょう。

Copyright© 2014廃車買取を失敗しない為に内容を把握して All Rights Reserved.